睡眠時の無呼吸症候群|更年期のホルモンバランスが引き起こす変化

2人の看護師

更年期になると

看護師

様々な症状があらわれる

閉経を挟んだ前後10年間の期間を更年期というのです。その間に、体に様々な症状があらわれることを更年期障害というのです。人それぞれあらわれる年齢や症状は異なるでしょう。更年期を迎える一番多い年齢は、大体50歳前後といわれているのです。早い人だと40歳前半から始まる人もいるのです。更年期障害とは閉経にともない卵巣の働きが衰え、エストロゲンの分泌が減少することで起こる症状なのです。女性ホルモンの急激な減少によって自律神経が乱れ、体や心に不調を感じるようになるでしょう。更年期障害の症状にはのぼせ、だるさ、疲れやすい、手足の冷え、めまい、肩こり、頭痛、動悸、イライラする、不安感、不眠、関節の痛みなどがあるのです。更年期障害を悪化させないために、自分の好きなことを見つけストレスを発散させてあげるといいでしょう。

周囲の理解も大切

更年期障害は病院で治療することも可能です。病院では問診、薬物治療、カウンセリング、生活改善法のアドバイスなどを行うことが多いでしょう。薬物治療では、ホルモン補充療法や漢方療法などがあるのです。鬱状態や強い不安を感じている場合には、カウンセリングを行って心のケアを行うのです。生活改善法のアドバイスでは、日常で行える体操や音楽療法などを勧めてリラックスできる生活方法を提供してくれるのです。更年期障害はサプリメントによって治療することも可能です。プラセンタやビタミンB群などが含まれたサプリメントは、女性の体にとって必要な成分なのでオススメです。周囲に更年期障害の人がいる場合は、病気を理解してあげるようにしましょう。