睡眠時の無呼吸症候群|更年期のホルモンバランスが引き起こす変化

2人の看護師

病院に行くことが大切です

病院

ぎっくり腰の原因の1つ

ふとしたことから激しい腰の痛みに襲われて、動けなくなったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。このような症状を、俗に言うぎっくり腰と呼びます。ぎっくり腰の原因としては、いろいろなものが考えられますが、はっきりとした原因が解っていないケースも多いのです。しかし、ぎっくり腰を引き起こす明確な原因の1つに、腰椎椎間板ヘルニアがあります。それでは、腰椎椎間板ヘルニアはどのようにして起こるのか簡単に説明していきます。背骨の一部である腰椎は5個あって最下部が仙骨に繋がっており、それぞれの骨の間には椎間板があるのです。そして、椎間板がはみ出し神経に刺激を与えている状態を腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。

まずは安静に

ぎっくり腰の治療として重要なことは、まずは安静にすることです。そして痛みが和らいできたら、できるだけ早く病院にいくことが大切です。なぜならば、それは腰椎椎間板ヘルニアが原因で起こったぎっくり腰かも知れないからです。腰は生活をする上で大切な関節です。いつまでも痛みが取れないようであれば、ブロック注射をして治療することも考えた方が良いでしょう。精密検査の結果、治療には手術による椎間板の摘出が必要だという診断が出た場合には、腰椎椎間板ヘルニアの手術が上手な病院を紹介してもらうか、インターネットを使って自分で調べてみましょう。腰椎には太い神経が走っており、とてもデリケートな部位ですから、治療にも神経を使う必要があるのです。