睡眠時の無呼吸症候群|更年期のホルモンバランスが引き起こす変化

看護師

病院に行くことが大切です

病院

腰部はよく使われるため椎間板ヘルニアになったりします。この椎間板ヘルニアになる理由は髄核であり、この髄核と神経との関係によって引き起こすのです。そんな腰は神経が多く通っているため手術の際は名医を選ぶ必要があります。

Read More

女性に多い病気

病院

骨粗鬆症は骨の中がスカスカになる病気なのです。転倒したり、ぶつかったりしただけで骨折してしまうことがあるので気をつけましょう。運動や食事によって骨粗鬆症を予防することができるのです。治療では食事療法、運動療法、薬物療法などを行うのです。

Read More

更年期になると

看護師

更年期は大体50歳前後から始まるのです。早い人は40歳前半から始まることもあるのです。更年期障害は、人によって症状のあらわれ方が異なるでしょう。様々な治療方法があるので、自分の症状に合った治療法を見つけるようにしましょう。

Read More

女性に多い症状と取り組み

睡眠

辛い症状を楽にする

女性は初潮が始まる頃に、女性ホルモンの増加で女性らしい体つきになりますが、閉経を迎える時期にはそのホルモンが減少します。そうすることで体や心に不調が見られることが増え、こういった更年期障害の症状に悩む人は少なくありません。この更年期障害が辛い場合は、我慢することなく、病院で治療をしていくことがおすすめです。特に、更年期の女性はホルモンバランスの崩れによって身体には様々な影響を及ぼしてしまいます。特に更年期障害の女性は睡眠時無呼吸症候群などの症状も引き起こしてしまうので、睡眠時無呼吸症候群にも注意する必要があります。主に婦人科や産婦人科で診てもらうことができ、心の状態がひどい場合は精神科や心療内科でも治療が行われています。そこで適切な治療をしてもらうことで、辛い症状も徐々に落ち着いてくるようになるでしょう。更年期障害は閉経間近の時期から始まる場合や、生理周期が乱れた若い女性でも起こりやすい症状です。更年期障害が起こる原因を知り、治療に前向きに取り組むことで体や心が楽になってきます。

病院での取り組み

病院での治療は、主に薬や漢方薬で症状を抑えていくことになります。最近日本でも積極的に行われるようになったホルモン補充療法は、女性ホルモンのエストロゲンを投与していきます。これは海外では一般的な治療となっていますが、日本でもその効果から取り入れられるようになりました。これで減少していた女性ホルモンが整ってくるので、症状の改善ばかりか美容にも大きな効果が期待できるのです。このホルモン補充療法は人によっては副作用が起こる場合もあるので、その場合は漢方薬が向いています。漢方薬は体に優しい成分でできているため、副作用の心配もほとんどありません。医師の処方のもとで、状態を経過観察していきます。他には、心の負担が心配な人は、専門病院にて主に抗うつ薬が処方されます。これで不安や悲観的な感情を落ち着かせてくれるので、大きな救いとなります。更年期障害は女性の誰しもに見られることなので、決して珍しいことではありません。その症状の大きさには差があるかもしれませんが、ひどい場合はこうした治療を受けていくことで解消されます。